【Vlog】自撮り・携行・景色撮影を素早く切り替えるガジェット【アルカスイス規格】

〈スポンサーリンク〉



一眼レフカメラ、ミラーレス一眼は1台で「Vlogの自撮り」から「景色の撮影」など何でもこなせる便利なカメラです。




一方で、一つのカメラで様々な撮影をこなす時に面倒になってくるのが三脚用のプレートの付け替え作業・・・。

  • ミニ三脚をつけて食事の様子を自撮りしたい!
  • 三脚に固定して景色をキッチリ撮影したい!
  • 持ち運びジャマだな・・・

なんて思ったことはないでしょうか?


そんな悩みを1発で解消してくれるのが、ピークデザインが出している「キャプチャー+スタンダードプレート」と「アルカスイス規格のクイックシュークランプ」です!


▼持ち運びが楽で、撮りたい瞬間を逃さない!

ピークデザインのスタンダードプレート。

シルバーとブラックの2色で展開されています。



ピークデザインのキャプチャーはカメラバッグ等に取り付けることができます。


ピークデザインのキャプチャーを使えば、カメラを使わないときは両手を自由にした状態で持ち運びができ、「撮りたい!」っと思った時にすぐ撮影ができます。

 


▼アルカルイス規格のクランプをミニ三脚に!

写真はアルカスイス規格のクランプ。



ピークデザインのスタンダードプレートは「アルカスイス規格のクランプ」と互換があるため、「アルカスイス規格」なら付け替えることができます。

手持ちのミニ三脚に「アルカスイス規格のクランプ」を取り付けてあげれば、簡単にミニ三脚に固定することが可能に!


私はゴリラポッドから何から、とにかくアルカスイス規格のクランプをつけてます!


▼三脚はピークデザインの三脚がオススメ!


当然、ピークデザインが出している三脚にもスタンダードプレートのまま取り付けが可能。(ピークデザインの三脚は軽いくせに、やれることが多いマルチな三脚です)



ピークデザインのトラベル三脚については、別記事で紹介していますので一読いただければ!



アルカスイスに限らず、「規格」を統一しておくことで様々な三脚、キャプチャーと互換性が生まれ、カメラライフがより便利になります。

今回はピークデザインのキャプチャーをベースに考えたやり方でした。是非ご検討ください。

〈スポンサーリンク〉