【シンガポール旅行】飲むべきフレッシュジュース【自販機】

「シンガポールの飲み物といえば?」で思いつく飲み物はないかと思います。(偏見)

何かと言われれば、コーヒーだったり色々あるんですが結局のところ東南アジアのその他の国の例に漏れることなく「果物ジュース」です。

しかも東南アジアのギンギラギンの太陽をあびた甘い甘い果物のジュースです。

シンガポールといえば、マーライオンだったりマリーナベイサンズだったり、都会的すぎてあまり「果物」のイメージないかもしれませんが近隣が果物が美味しいところなので例に漏れず美味しいです。(※おそらくシンガポール産ではないと思いますが・・・)

で、今回おすすめしたいのが、「生オレンジジュース」です。

しかも自販機の。

普通の缶で売っているオレンジジュースではなく、「生オレンジ」のジュースで、しかも「自販機」です。

どういうことかと言うと、販売元は違えとシンガポールにはこんな感じの自販機が至る所にあります。

生オレンジジュースの自販機

まず日本では見ることのないスタイルの自販機。当然自販機なので24時間営業です。

注目すべきは大ぶりのオレンジが自販機内にディスプレイされているところ。

これは単純に「オレンジ」を売っている自販機ではないんです!

2ドル(シンガポールドル/約160円)をぶちこむと、自販機が動き出し・・・

その場でオレンジをカット&絞って、オレンジジュースを作ってくれます。

この際、「衛生面は大丈夫か?」なんていう野暮は疑問はシンガポール海峡にぶちこんでください。ここはシンガポールと言っても、“東南アジア”です。日本の行きすぎた「危機管理」「公共衛生」なぞ糞食らえなのです。

ただ、それでいてラッピングは完璧です。

完成したジュース

160円とちょっと割高な感じもしますが、新鮮なオレンジジュースを手軽に、しかも言語の壁なく「お金を入れるだけ」で手に入れることができます。

しかも味もめちゃくちゃ甘くて美味い!

是非、見つけ次第、2ドル(シンガポールドル)ぶちこんでください。